ご縁カウンター

2005年01月14日

飼い主初心者で君は幸せかい?

竹千代(たけちよ)を育てるにつれ、彼を愛称で呼ぶ事が多くなっていた。
「タケちゃん、こっちおいでよ」
「タケチ駄目じゃない」
「こら! タケ!」
どんな愛称を言われてもタケはちゃんと反応を示す。
猫は犬と違ってあまり飼い主にはなつかないと言うが、それは間違った話で、私になつかなくても母上にはベッタリな猫だったのだ。

家の中でタケはヤンチャだった。
ゴキブリやクモを発見すると追い掛け回し母上のかわりに退治してくれる。それは害虫の駆除と言うよりかは遊びの一つだったのだろう。
バタバタと暴れているかと思えば、急に静かになり、遊び疲れたのか膝の上で眠ってしまう。そんないろいろな場面で愛らしい姿を私達に見せてくれ楽しませてくれた。
時に予想もしない行動をするのである。
朝食を食べている私。朝はめっぽう苦手な方で、ボーッとしながらテレビを見ながらご飯を食べていると、私の目を盗んで食卓の上にある味噌汁に顔を突っ込んではペチャペチャとなめていた。
その音に我に返ると驚いたものである。

タケがうちの子になってから、毎日が楽しくて家族内のギクシャクしていた関係がタケのおかげで良くなっていた。
父・家ちゃんの気性が妙に落ち着き、勝手に出かけていた友人との旅行についてはあいも変わらずであるが、タケが遊びそうなキーホルダーのお土産を買って来たり、渋々O.Kしたわりにはタケの存在を認めている。その理由は、家ちゃんが仕事から帰ると母上と共に家の前で待っていてくれるからだ。
親不孝な娘達は出迎える事も無く自分勝手にしているのだが、タケは休む事無く出迎えていた。これが家ちゃんにとってどれだけ嬉しかったのか、タケに掛ける声色でその嬉しさが伝わる。タケにしてみたら酒のさかなが目当てだったれど、それでも家ちゃんにとって自分になついてくれる猫に愛しさがあったようだ。

タケの食欲は凄いものがあった。面白いほどなんでもよく食べた。
らーめん・ショートケーキ・おはぎ・パン・ポテトチップスなどどれも塩分糖分の高いものばかり。
飼い主初心者がやってしまいがちだが、タケがおいしそうに食べているので私達はホイホイあげてた。

ある日のこと。
急に元気が無くなったタケに母上が一番最初に気が付いた。
お腹だけがポッコリ出てこたつの中で元気のないタケを母上は心配していたのである。
「朝から元気が無いのよ……」
こたつの中を覗くと母上の言うとおりタケはグッタリとしている。
母上と相談して病院に連れてゆくことを決め、電話帳で家から一番近い獣医を探した。
今と違ってあの頃は獣医をしているところが少なく、電話帳に載せているところは悲しい事に家の近所には無かった。
一番近いところで隣駅に獣医がある。その獣医に電話を掛け診察してくれるかをたずねた。不運にも休診日であったが、獣医さんの好意で診てくれると言ってくれた。
獣医さんに感謝しつつも行った事のない場所へ一人で行くのは不安だった。そんな不安から身近な友人に電話をして、付き合ってもらう事をお願いする事にした。友人に事情を説明するとその友人は快く引き受けてくれたのだ。
自転車のカゴにタオルを敷いてタケをタオルでくるみカゴの中に入れた。タケは不安そうな目で「どこへ連れて行くんだよ〜」と言いたげに見上げると、そうとう具合が悪いのか力なく顔を伏せた。
そんなタケに「病院へいって診てもらおうね」と声を掛けるが、本当のところ心配でどうしようも無く『獣医に連れてゆけば大丈夫』と自分に言い聞かせ気を確りさせた。そしてペダルをこぐと友人と待ち合わせをした場所まで急いだのである。

待ち合わせの場所には既に友人の姿があった。
「大丈夫?」
彼女も一緒になって心配してくれている。そんな友人の言葉に私の気持ちは少し楽になっていた。感謝感謝である。

隣駅の獣医に着くと獣医先生は待っていてくれたのか直ぐに診察をしてくれた。
ポッコリと出たタケのお腹に触れると、先生は納得した顔で言った。
「虫がいるね」
「虫?」
友人と私は顔を見合わせて言った。

虫とはよく言う寄生虫。サナダ虫という人もいるが、白くて長くてゴムひものような気持ち悪い虫である。戦前・戦後に人間にも寄生していた虫で、腸のなかに住みつき、栄養分を吸い取って大きくなる虫で長いもので1メートルを超えるのもいるらしい。症状としては下痢を引き起こしたりするらしいが、以前あるテレビで寄生虫ダイエットというのを見た事がある。わざと自分の腸に寄生虫を住まわせ、余分な栄養分を食わせるらしく、それがダイエットに効果があると言う恐ろしい話だ。

先生はすぐに虫下しの薬をくれ「これを牛乳で混ぜて飲ませてね」と言った。
悪い病気ではない事を知り、私と友人はホッと胸をなでおろすと、会計を済ませ帰宅する事にした。途中友人にお礼を言ったあと別れ、自宅につくと母上に先生から聞いた事を報告した。

腸に寄生虫がいる野良猫は多いという。野良猫は自然と虫下しの方法を身につけている。どうやるのかは不明であるけれど、野良猫には野良猫の生き方があり生活方法もあるのだろうと思う。怪我をしても薬草になる草を知っていたりするのかも知れない。
野良猫の知恵というやつなのだろう。


早速先生に言われたとおり器に牛乳を入れると薬を混ぜてタケの前に差し出した。
だがタケはそれを見向きもせず、なかなか牛乳を飲んでくれない。こんな時にスポイトがあればと思っていると、ストローがある事に気が付いた。そこで閃いたのはストローでスポイトの原理を利用した方法である。
ストローの先を牛乳につけ、ストローの反対側を親指で押さえると牛乳につけた方の先に少しだけだが牛乳が吸い取られる。
そのままストローの先をタケの口元に当てて、押さえていた親指を放すと吸い取られた牛乳がタケの口にしみ込むということだ。
嫌がるタケを愛のムチとばかりに叱りながら、その方法で薬を飲ませ続けた。苦労したかいがあって、なんとか飲ませ終えることが出来たのである。

次に日の朝。
母上の話だとう○こと一緒に長いゴムひもの様な虫が出たそうだ。それが寄生虫の姿である。母上はそれをティッシュでつまみ引っ張り出したと言う。
今思えば、見なくて良かった……。
タケは獣医先生のおかげで元気になってくれた。

だが、その頃の私達はタケに人間と同じ物を食べさせることをやめずにいた。
それがとんでもない大きな間違いに気がついたのは翌年の事である。

これはこの先獣医にかかる予兆なのかも知れない――。


目次
posted by まわた at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ☆竹千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エッセイ☆恋愛とはなんぞや?

お越し頂き、有難う御座います。

恋愛に関していろいろな考えがあったりするものですが、結局その考えが分かっていたとしてもその考えが覆される事って多いはず。
結局なんなのさー?と言いたくなる事を書いています。
恋愛っていったいなんなんだろうか……。

深く考えずサラリと読んで頂けると嬉しいです。


------------------------------☆------------------------------



≪目次≫

狩るオナゴと狩られるオナゴ(1/13更新)


------------------------------☆------------------------------
posted by まわた at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ エッセイ集 もくじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

狩るオナゴと狩られるオナゴ

「女の子とは二通りのタイプがこの世の中に存在する」
それに気が付いたのは26歳で結婚というものを体験した時である。
二通りの女の子ってなんぞや?と思うけれど、平たく言うと追われるタイプと追うタイプである。

私はどちらかと言うと、後者の追うタイプ。追うタイプだからと言って、ストーカーとかではなく、惚れやすく追いかけている時を楽しんでいるというものだ。
私の友人の中にも同じ人種がいて、彼女を見ていると自分を見ているように思えてならない。
好きになると告白したくなる性分でそれもストレート。この辺が男性的なのかも知れない。職場で好きな人が出来ると、友人と恋話を語り合う。これがたまらなく好きで、期待半分のウキウキとした気分。こういう事を胸が躍ると言うのか、甘酸っぱい感じがとっても気持ちがいいのである。
しかし相手の気持ちが判った途端、たとえそれが両想いだったとしても冷めてしまう事が多い。つまり、恋愛の過程が一番好きなのかも知れない。
そう分析するとこれって恋じゃないんじゃないのって思ってしまうが、恋の形は人の性格と一緒で十人十色。恋の形は本人が恋だと言ったらそれは恋なのである。

続きを読む

エッセイ☆竹千代

愛猫 竹千代 (たけちよ)の生涯を語ったエッセイです。
小さい体で精一杯生きた竹千代。彼のお陰でうちの家族は壊れる事無く生活してこれたのです。大好きだった猫。存在の大きさは計り知れません。


------------------------------☆------------------------------



≪目次≫

黒と白のにくいヤツ 1  (1/12更新)

黒と白のにくいヤツ 2 (1/13更新)

飼い主初心者で君は幸せかい?(1/14更新)

居なくなった竹千代 1 (1/15更新)

居なくなった竹千代 2(1/16更新)

居なくなった竹千代 最終章(1/17更新)

石持ち(1/18更新)

悲鳴は危険信号(1/19更新)

山○獣医科病院 1(1/20更新)

山○獣医科病院 2(1/21更新)

山○獣医科病院 最終章(1/22更新)


------------------------------☆------------------------------
posted by まわた at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ エッセイ集 もくじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒と白のにくいヤツ 2

家ちゃんは8月8日辺りから家族を置いて、母上に相談もなく、会社の友人と旅行へ出かけていた。この日は旅行から帰ってくる日で、家ちゃんが帰って来たのは夕方近くなった頃である。
私達には運が良く、旅行が楽しかったのか上機嫌で帰って来たのだった。
姉との作戦は家ちゃんが帰って来る前に相談済みだったので、そのチャンスを狙っていた。
子供の考える事には高が知れている。それでも「うん」と言わせる自信が私達にはあったのだ。

夕食前に家ちゃんがお疲れの晩酌を始め、私は流行る気持ちをおさえつつその時を待った。
ある程度酒が回った時がチャンスだ。
家ちゃんは酒が入ってからダンダンと舌が回り始めていた。しらふの時は口数が少ない方であるが、酒が入るとクドイと言いたくなるほど舌の回りが良くなる。
この時は疲れているせいか、酒の回りが早く、チャンス到来は苛立つほど待たなくて済んだのだ。

『今がチャンス!』

私はほろ酔い加減の家ちゃんにこういった。
「ねぇお父さん……この子可愛いでしょ?」
隠していた子猫をストレートに目の前に出した。今思えば変化球ではなく、ど真ん中ストレートなのが恐ろしく思う。
「なっなんだ!……この猫は?!」
「裏にいっぱい居たうちの一匹……」
私は姉に言われたとおり潤んだ瞳を家ちゃんに向けた。
家ちゃんは私の瞳に一瞬ひるんだが、少し動揺しながら
「飼いたいのか……?」と軽く問いかけ私は深く頷いた。
そして子猫に問いかけるように目を向けると、
「この子が家に来たいって……」
な、訳が無い。無言の猫は悪魔姉妹の陰謀で猫語を都合よく訳されているにすぎないのだ。子猫にしてみたら『お母さんのところに戻りたい』と思っているに違いない。
家ちゃんは暫く考えた後、への字に曲がっていた口を渋々開いて言った。
「ちゃんと世話をするんだろうな……」
「うん」
ここでやっと姉の登場。
「世話するよ」
姉はいつでも美味しいところだけを持ってゆくズルイところがあった。家ちゃんの恐ろしさを私よりも良く知っているからこそ。怒られ役はいつでも私なのである。
家ちゃんは驚いた顔で姉の方へ目を向けると
「お前も飼いたいのか……」
家ちゃんと私のやり取りで怒った様子が無いのを確認すると、
「うん」
と大きく頷いた。
悪魔姉妹の期待している満面の笑みに困ったのか今度は母上に話しをふる。
「お母さんは……」
「飼いたいって言うから、しょうがないじゃない?」
皆の意見を聞いた家ちゃんは納得したと言うより、3対1と言う立場に納得するしかなかったようで渋々言った。
「じゃあ良いよ」

頑固でへそ曲がりの家ちゃんがあっさりとO.Kをするという事は快挙である。
家ちゃんは娘に対して甘い父親ではないのだが、人数負けという事でO.Kを出した形となった。
私達はと言うと、大喜びではしゃぎ回った。
今まで動物を飼う事は無かった。飼ったと言えばインコくらいだったので、中学生なるまでこんな嬉しい事は無かったのである。


一夜明けて、子猫に名前をつける事になった。
姉と母上そして私は子猫を囲み、名前についてああだのこうだの言いながら、いろいろな名前をあげた。昨日はとりあえずイチゴの箱に入れていたので
イチゴと命名したのだが、実はメスなのか?オスなのか?素人の私達には分からないでいた。
子猫をひっくり返し、柔らかい毛の感触に触れ愛しさをふくらませていると、ふとあるポイントに気がついた。
「あれ?やっぱりこれって……そうだよね?」
私の声に姉と母上は指差した方を覗き込むと、「そうかも」と二人して納得するものがあった。
「この子オスかも」
私は子猫の下の方にある柿の種に毛得たがはえたようなモノをながめて言った。
柿の種と言っても新潟名物柿の種ではなく、木になる柿の種である。
私達は丸金ポイントにそれが有るのを確認した。
「オスみたいだね……」
と姉はそれを突っついて言う。
猫にしたらたまらないだろうが、悪魔姉妹はそんな事はお構いなしなのである。恐るべし悪魔姉妹、姉さま。
「やっぱそうだよ……これ」
と悪魔姉妹、妹も突っついている。
バカ娘を横目に母上は話を仕切りなおして言った。
「イチゴじゃ女の子みたいだよね……」
そうなのである。丸金ポイントを突っついている場合ではないのだ。
名前を決めなくちゃ。

私達は考えた。猫にとっては名前なんてどうでも良いのかもしれないが、ペットを飼い始める基本はその子に名前をつけてやる事である。
「菊千代は?」
なぜか和風の名が私の脳裏をかすめていた。
更に「しし丸」「菊丸」「竹丸」など。しかし、二人の答えは「NO!」である。
気が付けば1時間が経過していた。
「竹千代(たけちよ)は?」
と疲れた頭が最後に搾り出した名前に二人はう〜んと考え込むと、長い便秘から解放された顔で頷いた。
「それでいいよ!」
私達は今までこんなに考えたことが無いくらい考えたに違いない。
あまり考えすぎて、結果、疲れてしまったのであるが……。
こうして彼は「竹千代」と命名された。
その竹千代は(平成14年)現在15歳。人間年齢90歳。
猫とは1年で20歳と数え2歳から25歳となり1年に人間の5年分の年をとる。
竹千代は90歳と言う長寿であるが、上には上が居るもので、この前TVで26歳の猫を見た。メスの猫で人間年齢145歳とは!!驚くべき事実である。

take




目次
posted by まわた at 10:39| Comment(2) | TrackBack(0) | エッセイ☆竹千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

黒と白のにくいヤツ

初めてネコを飼ったのは、私がまだ中学2年生の夏の事である。あれは忘れもしない、8月13日。
家では父・家ちゃんがかなり厳しかった為、犬・ネコを飼うのを反対さえれていたが、
その頃になって家ちゃんの性格は丸くなっていた。
家ちゃんについてはまた日を改めてご紹介しようと思うけれど、ここで軽く父について説明しておこう。

人の迷惑かえりみず、世界は自分中心に回っているようなところがある。
東海道線品川駅付近での一幕、恥かしさがそこにあった。
有楽町へ宝くじを買いに行く時の事。通勤ラッシュが終わりつつある時間帯に家ちゃんから妙な音が奏でられた。私達にとっては聞き覚えのあるあの音。『ぶっ』である。
ドレミで言うならば『レ』辺りのチョッと低めな感じでしょうか、そんな音がガタンゴトンと音を立てる車内に響いたのである。周囲の人たちは、ビックリした様子でこちらをチラチラみている。
そうなのです。これは家ちゃんのレのおなら音。ある意味騒音でしょうが、家ちゃんは恥かしいという気持ちをあっちへやって『どこでオナラをしようが出るものはしかたが無い』と屁理屈を並べているのだからこれは死ぬまで治らないだろう。

小さい時叱られると新聞紙を丸めそれで叩かれる。
九州男児であり母上をよく困らせていた。なにせ、仕事から帰って食事の用意が
出来ていないともの凄く不機嫌になるのだ。
あの頃は自分で動く事を知らないように母上にあれこれ注文をつけていた。
「お茶!」「新聞!!」「テレビ!!」「風呂!!」「着替え!!」
昭和のホームドラマを見ているような世界であるが、亭主関白というヤツである。
現在では嘘のように『自分でやれる事は自分でやる』というふうに変わり、母上としてはやっと楽になれたのだけれど、未だにその名残は消えていない。

そんな父を持つ私であるが、中学二年生の8月13日は忘れられない日である。

8月13日の昼。姉と私は母上からある情報を入手した。
『裏の駐車場に子猫が生まれたみたい。いっぱい居るよ!』
今では猫の集団なんてのは珍しいけれど、あの頃は普通に野良猫の集団がいたのである。ボス猫らしきシマの綺麗なたくましい猫がオス猫。小さく黒毛と白の靴下を履いたような可愛らしいメス猫の間に6匹の子猫が生まれたのである。
姉と私は母上の言葉に胸を弾ませて、裏の駐車場へ子猫達を見に行った。
この時私達の心の中で暗黙の了解が出来ていた。その暗黙の了解とは、気に入った猫がいたら家で飼うという希望である。
私達は駐車場へ出ると子猫ちゃん達を探した。だがその姿は見えない。二人して耳を澄ますと、どこかで『ミャーミャー』と子猫の声が聞えるのでその声の方へ近づいた。
「いた」
見つけたのは私。姉を手招きで呼ぶと、姉妹そろって子猫達の愛らしい姿を温かくなる気持ちで見ていた。
猫達は会社と駐車場のフェンスの間、人一人が入れるスペースに母猫のお乳を吸いながらコロコロとしている。ある猫は兄弟猫とじゃれあったり、寝ている子もいたり、それはなんとも言えないほのぼのとした光景であった。
私達の存在に気が付いた母猫は目をギョッとさせると、子猫達を置いて建物の奥へ逃げてしまったが、何も知らない子猫達は警戒もせずコロコロと転がっている。母猫を追い出した形になって今思えば心苦しいが、あの頃の姉と私はそんな事よりも子猫達の愛らしさに心を奪われていたのだ。
フェンスを乗り上げるように私達は覗き込んだ。
「お姉ちゃん、この子達可愛いね」
「うん、可愛いね……」
なんとも言えない私達の顔は、似た顔で微笑んでいた。
子猫達からすれば『悪魔姉妹の不気味な笑み』にしか思えないだろう。そして母猫にとっては恐ろしい事件だったに違いない。
私はサラリとした気持ちで姉に言った。
「ねぇ……どの子にする?」
親の了解も得ず飼う気満々で姉にたずねると、姉も私と同じ気持ちでいたのか、
「そうだね……」
とイケニエを選ぶかように悪魔姉妹は相談をしている。
ニヤニヤと不気味に笑う悪魔姉妹の姉はターゲットをしぼって、
「コイツにしよう……コイツは愛嬌がある顔をしているからね」
イヒヒと笑うように姉はある子猫を指差した。
母猫と同じ毛色の子猫。黒と白のにくいヤツ。

実行犯は私。その黒白の猫を捕まえようとフェンスから身を乗り越えて、その子を捕まえた。その子猫は運動神経が鈍いのか、すんなり捕まえる事が出来たのである。

こうして悪魔姉妹の生け捕り作戦は成功した。二人して上機嫌で家に戻ると、母上にその子を見せて飼いたいことをアピールした。
お決まりの台詞で……。

「二人で世話はするから」

小学生じゃないんだから的なお願いに「面白い顔をしてるね」と言いつつ、母上も結構飼う気があったように思える。
面白い顔と言うのは、顔に黒いマスクをかぶり口元やあごの部分が白く、鼻と口にかけて黒いヒゲをはやした様になっている。両手(前足)と両足(後足)は白く、手袋と靴下をはいた様になっている。
母上はその猫を愛しく見つめるが、その顔はほんの数分しか見せず、現実に目を向けると言った。

「お父さんが良いって言ったらね……」

そうだった忘れていたのだ……。一番厄介な人物。その人物にちゃんとした理由が無いとなかなか「うん」とは言ってくれない。
姉と私は考えた。考えたところでろくな答えしか出ないだろうけど、今は考えるしかないのである。


黒と白のにくいヤツ 2

目次
posted by まわた at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ☆竹千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

当ブログについて……

このブログは、過去に経験した事や身近に起きた事件など、エッセイ仕立てで語ってみような場です。

駄文かも知れませんが、宜しくお付き合い頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。
ひとまずご挨拶と言う事で、エッセイの方はボチボチ載せてゆきますです。
posted by まわた at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ■当ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デザイン変更

Seesaaのサンプル シネマを自己流に変更!

でもでも上手くできない…

記事は明日からかな?頑張れ自分(笑)
posted by まわた at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。