ご縁カウンター

2005年01月19日

悲鳴は危険信号

尿道結石と診断されてから用心深くタケの様子を見ることにした。
病院から帰ってもおしっこの量は多少増えたくらいで、苦しさからは解放されていないようだ。
グッタリとしたままのタケに家族全員が心配して暗い雰囲気になってしまう。
いてもたっても居られず、初診から2日経って、もう一度診察してもらう事にしたのである。

山○獣医科病院に着くとれいの院長先生が顔を出した。
「やっぱり駄目だった?」
「はい、元気が戻らなくて」
先生は渋い表情を浮かべ、タケを診察台に乗せるように言った。
リトマス紙を使って病気の度合いを尿で調べるようである。リトマス紙をタケのお○ん○んに付けると色が変わるのを待つ。何色に変わったかは記憶が古いので忘れてしまったが、青だったか赤だったかに変わったのだ。
その色を見て先生の表情は更に渋みを増していた。
「とりあえず、薬を飲ませ続けてみて。酷くなると吐いたり悲鳴をあげるから、その時は直ぐに連れてきてね」
「悲鳴ですか?」
それを意味するものがいまいち理解が出来なかった。
「おしっこが出なくて苦しくなると『ギャー!』っていうから、そう言ったら直ぐに連絡ちょうだい」
「はい」
なんだか恐ろしい事になったとタケを抱っこしながら更に不安になった。

自宅へ着くと、母上に先生から言われた事を伝えた。
母上はタケの頭をなでながら、弱々しく甘えるタケに胸を痛めているようである。
暫くして夕方になり、それまでタケの行動を目で追っていた私であったが、先生が言う悲鳴はまだあげていない。
「大丈夫かな?」
夕食の支度をする母上は私を元気付けようと、
「大丈夫よ」
とは言うがそれは気休めにしかならない。
そんな時タケがベランダにあるトイレへヨロヨロと入っていったと思ったら、急に吐き出し、悲鳴をあげたのである。
「ギャ!」
「お母さん、タケが!」
母上が直ぐに獣医へ電話をすると、私はタケをタオルでくるみ、直ぐに家から出られるようにした。
そこへ「ピーンポーン」
『こんな忙しい時に誰よ』と思いながら、タケを抱いたまま玄関へ出ると同じマンションの真田(仮名)さんである。
「どうしたの?」
と驚いた顔で真田さんは言うが、こっちの方が聞きたいくらいだ。
「タケが病気で今獣医さんに連れて行こうとしていたのです」
「あら大変」
そんな話をしていると、母上は電話を切って玄関に現れ言った。
「あら、こんにちは」
いえいえ、挨拶している場合じゃないですから。
私は苛立ちをおさえられずにいた。タケを早く病院へ連れて行かなくちゃならないんだから。
「猫ちゃん病気だって?」
真田さんも心配してくれている様であるが、私としては早く動き出したかった。
「そうなよ」
そう言ってから、母上は私に先生から言われたことを話した。
「手術する事になったわ。入院するように勧められたから」
「しゅ、手術?!」
なおさら急がなくちゃならないじゃないか。
私は更にヒートアップして頭から煙が出そうな状態である。『早くしないといけない』そんな焦りで泣きたくなった。
そんな私に気が付いたのか、真田さんは私の頭を冷やしてくれる事を言ってくれたのである。
「車で乗せてってあげる」
地獄に仏とはこう言う事か……。その一言で私の頭は徐々にクールダウンしていった。
さっきまで真田さんの存在がうっとうしく感じてしまった自分に反省しながら、すがる目で母上に訴えた。
うんと言って欲しい。真田さんにお願いして欲しいという気持ちでいるのである。
私の訴えに答えたというより、もともと母上の性格はチャッカリしたところがあって、人の好意にはどこまでも甘えるところがある。
私の心配をよそに母上はすまなそうな顔で言った。
「あら、お願いしていいのかな?」
「いいの、いいの。大変な時だからね」
真田さんの親切心にこんなにも感謝した事はなかっただろう。
こうして母上も一緒に病院へ行く事になり、山○獣医科病院へ行く事になったのだ。

尿道結石の症状は、尿の量が少量になり嘔吐が起きる。尿が出なくなると『ギャー!』と悲鳴をあげる。原因は肥満や塩分の取りすぎのようである。
タケの場合、嘔吐は少なかったけれど、尿の量がたれる程度になってしまった。
可哀想なことをしてしまったものである……。


目次
posted by まわた at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ☆竹千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

集中したいのにな……

一人の世界に入っているのに

この時ばかり話しかけてきて

ほっといてもらいたいのに

自分の時だったら怒るくせして

人の事言えないじゃん
posted by まわた at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 五行で語るモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五行で語るモノ

Seesaaブロガーのcoccoさん『cocco Ver.1.73さん』のところで詠っていたのを見て影響されてしまいました(笑)
単純な私(高笑)

こちらは不定期で更新予定しています。ボチボチやるかなぁ〜と。

ってまだ書いてないし……。
posted by まわた at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誤字脱字

誤字脱字につきましてのご報告大歓迎します。

私自身で用心をしながら打ち込みしていますけれど、どうしても出てしまう失敗。
他力本願だと言われそうですが、コレばっかりは見つけられないんですよね(泣)
見つけ次第、ドンドン突っ込んでやって下さいませ。

でもやんわりと優しくね(弱気)

タイトル○○に誤字脱字を発見!と言って頂ければ、血眼でさがします(笑)

宜しくお願いします……。
posted by まわた at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石持ち

タケちゃん


中学2年の三学期、父・家ちゃんが一大決心をした。
それは夢のマイホーム!
マンションだけど住むには快適。
転校する私にとっては複雑だったが、自分の部屋が持てることに喜びを感じていた。
一方タケの方は、新しい環境になじめず最初は自分の匂いをつけながら自分の場所を探し、気が付けば自分の場所を当たり前のように見つけていた。
家族の転機が落ち着き、当たり前のように平安な日々を過ごして来た私達家族。
家庭も円満になり、こんな幸せがいつまでも続くと思っていた。

引越ししてから一年があっという間に過ぎた頃、高校へ進学し小説を書く事に目覚めた15歳の春。
最愛の竹千代(たけちよ)にある異変が起きたのだ。
「タケ朝から元気がないのよ……」
母上の言葉にタケの様子を伺った。確かにグッタリとだるそうに横たわっている。
「どうしたんだろうね」
「そう言えば、今日も昨日もおしっこしてないのよね」
「それって重大な事じゃない?」
そんな話をしていると、重そうな体をゆっくり起こし、タケはトイレへ向かった。
私はタケを見守るようにトイレまでついてゆくと、一生懸命おしっこを出そうとしているが直ぐに諦めてトイレから砂を撒き散らし出て行った。
「出ないみたい」
この時点で獣医へ連れてゆけばよかったのだが、飼い主初心者は暫く様子を見る事にしてその時はやり過ごした。
夕方になりチョロチョロとおしっこをするタケ。出た事で安心してしまったのだが、そのチョロチョロは更に続いき、尚且つタケの元気は戻らない。

次の日の夕方。学校から帰ってきた私はタケの変わらぬ様子に『これは問題だ』とやっと気がついて、慌てるように近所の獣医へ連れてゆく事にしたのである。
寄生虫の時と同じ自転車のカゴにタオルを敷き、タケの体をタオルで包んでカゴにいれた。不安そうな顔で私を見ているので「大丈夫だよ」とタケに言い聞かせる。
薄っすらと暗くなる道を自転車のペダルを強くこいで獣医へと急いだ。

この獣医は近所の話で親切・丁寧と評判であった。あの頃はごく一部の人達にしか知られていなかったのだが、現在、他の市からも患者が訪れるほどの賑わいがある。
心のある診察と腕のいい院長の努力のたま物。
そんな未来がある獣医さんだとはこの時予想もしていなかった。

病院に到着すると直ぐに待合室へタケを抱っこして向かったのだが、私以外の飼い主さんらしき姿は見えなかった。
「すみません」
と私の弱々しい声に診察室の奥からクマのような男の人が現れた。
ムッとした表情に怖そうな雰囲気。喧嘩したらグー一発で負けてしまいそうな強面の人である。
「電話くれた人?」
ぶっきら棒にその人は言う。後で判った話だが、この人が院長先生なのである。
「はっはい」
来る前に電話していたので話は早いがこの人の迫力に私は圧倒されている。
「じゃぁここに猫ちゃん置いて」
この顔から猫ちゃんなんて言葉が出ると不似合いで笑ってしまいそうになるが、タケの事を考えると笑っている場合ではない。
先生に言われるがまま、診察台の上にタケを立たせた。
タケは人見知りが激しく、見知らぬ男の人には「フーフー」といっていかくをする。
そんな気の強さに驚いた先生は見た目に似合わない少し怯えた表情で言った。
「こわいな……」
タケのいかくに耐えながら先生は手馴れた手つきで診察をテキパキとこなし、そして病名が明らかになった。
「これはね、尿道結石だよ」
「尿道結石?」
「人間にもかかる病気で太りすぎとかが原因だったりするんだけど、この子平均より太り過ぎだね」
『あんたに言われたくない』と言いたくなるが、それよりビックリなのはタケが肥満猫だと言う事に今まで不思議に思わなかったことだ。
この時点で飼い主失格である。
確かに大きいなぁとは思っていたが、肥満なんて言葉が出るとは予想もしなかった。
「太り過ぎだからなぁ、人間で言うと『小錦』なみかな」
「こっこにしき……なみ?」
がくぜんとする私に先生は軽く言うのである。
固まった私をよそに先生は注射器を用意すると言った。
「注射して石を溶かそうね」
タケを「おさえて」という先生の声に、私は言われたとおりにすると、先生はタケの腰辺りに注射をブジュッと一刺して診察を終えた。
タケの方はおとなしく注射をされ、悲鳴をあげる事無くやられるがままであるが、内心穏やかではなかっただろう。その証拠に肉球からは汗がにじんでいたのだから。
先生は薬を用意するとカルテに必要な名前と住所、タケの名前を書くように別紙を渡してきた。
別紙に記入を済ませると、先生はその紙をみるなりこう言った。
「この子竹千代っていうの?」
「はい、タケちゃんです」
「たけちゃんっていうの?」
何か動揺している先生に何が言いたいのか分からず首をかしげていた。

診察は無事に終わり自宅へ到着すると母上は待ち構えていた。
病院での事を説明すると、ホッと一息ついてソファに腰を下ろす。タケは初めての恐ろしい体験に疲れたのか、指定の場所で注射された辺りをなめながら眠ろうとしていた。
私はそんなタケを見ながらハッとある事に気がついたのだ。
先生がなぜあの時動揺したのかを……。

その病院名は、山○獣医科病院。
私の旧姓は山○であり、タケは山○竹千代になる。先生の名前は武○であり、タケちゃんと呼ばれているのだろう。なので、他人とは思えなかったようだ。
それを考えると可笑しくて、一人ぷぷぷと笑ってしまったほどである。


目次
posted by まわた at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ☆竹千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

居なくなった竹千代 最終章

朝の事である。遠くで母上の慌しい声が聞えた。朝がめっぽう弱い私は、脳の回転が遅く通常回転するまで時間が掛かる。

母上は家の裏にある会社にパート勤めをしていた。出勤時間はとっくに過ぎているのになぜか引き返してきたのだ。
姉は出勤前のお化粧時間で、コーヒーを飲みながらテレビを見ていたようであるが、母上の慌しい声に玄関まで飛び出していた。

「タケがいたよ!」
母上が騒いでいたわけはそれである。
その声に私の脳が急激に回転を増し、体は脳の指令に答えて飛び起きると『直ぐに玄関へ向え』の命令によって行動を開始した。
母上が玄関に姿を見せると、母上の腕には疲れきったタケの姿があった。
「タケ……」
これは夢なのか、それとも幻なのか。
姉はホッとしてタケの小さな頭をなで、私はホッとしすぎて体の力が抜けてしまいそうだった。
タケの体は薄汚れ、白い部分がグレーと変わっている。なき声は夜半なき続けていたせいか声がかれていた。
普段でも『ミャー』となけないタケは『ビャー』となくが、この時は『ビー』だった。
母上からタケを受け取ると、やっと安心したタケは落ち着きを取り戻していた。
「良かった見つかって」
姉の目には薄っすらと涙が浮かんでいる。
「ホントよかった」
私まで目が潤んでしまった。

母上が言うにはタケは会社の作業場にいたという。
その会社は消火栓の標識を作っている会社で、母上の仕事は古くなった標識のペンキをさびと一緒にはがし、赤いペンキを塗りなおすという仕事なのである。
その為作業場の臭いは独特で、ペンキとシンナーの臭いや鉄のさびた臭いが混ざったその場所特有の臭いなのである。
タケはその作業場のシャッターに閉じ込められた形で夜を過ごしたと母上は言う。

タケからは作業場の臭いがしていた。
「ペンキ臭い」
私と姉は笑った。
「体、洗わなくちゃね」

その後母上は家ちゃんに電話をして見つかった報告をしてから職場に戻り、姉は出勤時間がきたので会社に出かけた。
残された私にはタケをシャンプーする仕事が待っていた。
台所の湯沸かし器でお湯を出すと、タケの汚れた体を洗ってやる。
寒くて、淋しくて、心細い一夜を過ごしたタケは作業場のシャッターから叫んでいたに違いない。きっと外から私達のタケを呼ぶ声や鈴の音を聞いて、更に叫んでいただろう。
近くに居て気付かなかった自分を心から悔やんだ。『なぜ気付いてあげられなかったんだろう』と悔しくて涙が出てしまう。
タケの体を擦りながら、涙を浮かべ鼻声で言った。
「よく頑張ったね……」
タケはあの状況で恐怖を感じていただろうから。
タケのグレーになった白い部分が綺麗な白に戻って、体から作業場の臭いが消えた。タオルで体を拭くと、直ぐにコタツに入れて寝かせてあげた。
少し様子をみていると疲れがどっと出たのか、タケは暫く眠り続けていたのだ。

この事件があってから、家族の絆やタケの存在を考えさせられる事になった。
我が家にとって大切な猫。それが竹千代なのである。

「まったくマヌケなんだから」
とその時の思い出を語るたびに私と姉は毒を吐く。本人へ向けて言った事があるが、人間の言葉を理解していたのか、嫌な表情を浮かべているように見えた。
これもいい思い出なのかな……。


目次
posted by まわた at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ☆竹千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

居なくなった竹千代 2

夕食が終わり「お風呂に入れ」と言われたので入りながら、家の外へ耳をすましタケの声を探していた。

昔住んでいた家はトタン板がはられた薄い壁の家だった。特にお風呂はもともと家には無かったので、家ちゃんと大工をしている叔父さん達とで作った最高傑作なのだが、冬になると身が縮まるほど寒い風呂場だった。
最近ではあまり見ることのない、ステンレスの浴槽。実はその前は木の風呂おけだったけれど、長く使うに連れ腐りはじめステンレスの浴槽に変えたのだ。

薄いトタンの壁から微かに猫の声が聞える。
「タケ?」
幻聴にもにた声であるけれど、これは別の猫のものだと分かり直ぐにガッカリした。
お風呂から上がると家ちゃんは懐中電灯を持って外へ出て行った。
直ぐにタケを探しに行ったのだと思って、私も家ちゃんの後を追いもう一度探す事にしたのだ。
更に寒さが深まる夜。吐く息は白く、お風呂で温まった体は直ぐに冷えてしまった。
「タケー タケー」
名前を呼んだ後に耳をすましタケの声を聞こうとする。家ちゃんが鳴らす鈴の音が空しくも響き渡っているが、タケの姿、声はまったく現れない。
『タケ、本当にどこ行っちゃったのよ。帰ってきてよ。どこにいるの……』
悲しくて、淋しくて胸が痛くて。タケの存在がこれほど大きい物だとは思いもしなかった。完全にタケは私達の家族で小さな体であるけれど、タケがくれたものはあまりにも大き過ぎていた。
今こうして胸を痛めているのがその証拠である。
結局、タケは見つからなかった。
この時私の中で絶対の自信がある事を薄々気が付いていた。その絶対の自信とは『タケは家の側にいる』と言う事。
だがタケの姿が見えていない今、自分を励ます一つの方法でしかなかったのである。

今夜は諦めることにした。
それは家ちゃんの行動でそうするしか無かった。しょんぼりしているのは私だけではなく、家ちゃんにとっても大切な家族で、一番ショックなのは家ちゃんなのかもしれない。
家ちゃんが諦めて家に戻る背中を見つめ、諦めるしかないと説得されたのだった。

家に戻ると、姉は平静をよそおって心配している素振りを見せなかった。どちらかと言うと、自分の気持ちをおさえて私を励ましてくれたのだ。
二段ベッドの上で横になる姉が下の私に声を掛けてきた。
「タケ、どこ行っちゃったんだろうね」
「うん……」
「兄弟のもとに帰っちゃったのかな?」
「うん……」
「もしそれがタケにとっての幸せだったら、仕方が無いよね」
「うん……」
姉の話を聞きながら、涙がポロポロこぼれていた。鼻をすする声で私が泣いている事に気が付いた姉は困った声色で言った。
「泣くなよ」
「だって」
「うちが忘れられなければ、必ず帰ってくるからさ。その日を待とうよ」
「……待てないよ」
「そうだけど、待たなくちゃ」
「……」
こうしてタケのいない夜をむかえ、私達は淋しさと心配を抱えながら眠る事にした。
今頃タケは寒さに震えているのだろうと思うと、更に胸は張り裂けそうになっていたのだ。


居なくなった竹千代 最終章

目次
posted by まわた at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ☆竹千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

TBについて

エッセイ集なのでTBのあり方をいろいろ考えていました。
あるべきか……あらざるべきか……

結局はあってもいいような気がしてテスト的に外していたのをまたつけてみました。
基本がしっかりしたTBを頂ければいいかな?と。

(※基本がしっかりしたTBとは、記事の内容に合っていること)

と言う事で、気が向いたらTBして下さいね☆
宜しくお願いします。
posted by まわた at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

居なくなった竹千代 1

竹千代(たけちよ)が家族の一員になって気が付けばクリスマスが訪れていた。
タケの為にクリスマスプレゼントとして新しい首輪を買ってあげることにしたのである。
タケの毛色は黒がメインなので、赤い首輪がよく似合うのだ。今までつけていた首輪はノーマルな赤い首輪だったので、少し豪華に見えるプラスチックの宝石もどきがついた赤い首輪をペットショップで買って来た。
家に帰ると早速タケに宝石もどきのついた赤い首輪をつけてあげた。

「かわいい……」

take


新しい首輪をつけてもらったタケは嬉しそうにしている。そんなふうに私達は思っていたので、ニヤニヤした顔で私と母上は顔がほころんでいた。

暫くしてタケは新しい首輪と共にいつもの散歩へ出かけて行った。
家の周りは住宅地になっているのでそれほど車の往来が激しいところではなかった。
タケが行動する範囲は家の周りの安全な場所で、その範囲を超えると商店街と言う事もありバス通りだったり、車や自転車の往来が激しくなる。元野生の勘というやつで、危険区域を把握していたのかも知れない。
うちには散歩に出かけたタケを呼ぶ方法があった。それは鈴を鳴らすとダッシュで家に帰ってくる習性で、鈴を鳴らす時は『ご飯だよ』の合図に使っていたのだ。
鈴の音を聞いたタケは、ご飯の知らせだと思い急いで帰ってくる。家族にとっては安心であり、タケとの通信方法の一つでもあった。

日が暮れるにつれ、夕方6時ごろになるとタケは散歩から帰ってくる時間であるが帰ってこない。いつもなら玄関の戸を少しあけているので、少しの隙間からヒョッコリ顔を出し、玄関に置いてある餌を美味しそうに食べている時間なのだ。それにもし遅くなったとしても鈴を鳴らせば急いで帰ってくる。
ところが今日に限って帰って来ない。
焦った私は最後の手段を使うことにした。その手段とは、猫缶を缶きりでカンカンと叩くと鈴で帰って来ない時でも必ず帰ってくるのである。
私は最後の手段を試みたがそれでも帰って来なかった。
「家出したのかな?」
そんな不安が私と母上の脳裏をかすめた。
気が付けば時間は7時を回っている。時間が経つにつれ不安も増していった。
テレビを見ていてもタケが帰ってくるのを気にして、心配でテレビどころではない。
夕食の支度をしている母上も、手を休め外の方を気にしながら支度を進めている。
私はいてもたってもいられなくて、家の周りを鈴を手にしながら見回ることにした。

寒くて暗くなった空の下、タケは今頃寒くて震えているかも知れない。もしかしたら、人の手によって連れ去られたかも知れない。
だんだんと気持ちは悪い方へ転がってゆく。
不安をあおりながら、タケがいそうな場所を覗き込んでは弱い声をあげて名前を呼んだ。
「タケ……タケ……」
名を呼びながら、力のない鈴の音が暗くなった辺りに響いている。
「チャラン……チャラン……」
後ろの茂みからカサッと音がする度に振り返り、タケではない猫だと分かるとガックリと肩を落とす。心配と不安で涙が出てきてしまう。
「タケ……どこ行っちゃったのよ……」

そこへタイヤのきしむ音が聞えたと思ったら、父・家ちゃんが会社から帰ってきたのである。駐車場に車を止めて出てきた家ちゃんに私は弱い声で言った。
「お父さん、タケがいなくなっちゃった」
更に泣きそうな顔で訴えると、家ちゃんの顔が曇りだし突然の事に固まっていた。
「タケいないのか?」
「うん」
家に入るととりあえずご飯を食べようということになったのだが、この日の食卓はタケがいない事で暗い雰囲気になっている。
テレビの音が意味も無く流れているけれど、私達の頭の中はタケのことでいっぱいだった。
そこへ姉が仕事から帰宅した。姉は玄関の戸を閉めようとしていたので、母上が閉めない様に声を掛けると、不思議そうな顔を覗かせた。
「タケいないの?」
何も知らない姉に事情を説明すると、これまた落ち込みモードになるメンバーが増えただけでなんの解決にもならない。

楽しいはずのクリスマスは、タケがいない事で暗いクリスマスとなってしまった。
タケはいったいどこへ行ってしまったのだろうか……。
不安と淋しさに胸が痛くてしかたがなかった。


居なくなった竹千代 2

目次
posted by まわた at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ☆竹千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

タイトル「大根ばしら」の由来

大根ばしらは、大黒柱と大根役者からもじった言葉。分かりますよねw
これはうちの父・家ちゃんを象徴している言葉なんですよ。
九州男児の看板しょって上京してきて48年。家ちゃんは、現在も緩む事のないバリバリの亭主関白である。
そんな家ちゃんでも実は涙もろく、感動やさんなのだ。更にシャイで照れると文句を言ってその場から逃げ出してしまうと言う性質がある。

見た目は立派でも、中身は案外普通。そして我が家の大黒柱であるので、大根ばしらと言う言葉がピッタリなのかも知れないと思ってここのタイトルにした。
こんな父親でも私にとっては最高の父親(最高に笑えるとも言えるな)なのだ。
大根ばしらは、家ちゃんの恥かしい行動を暴露しようと思っていたりして……。
身内が読んだら直ぐに私だって分かってしまうだろうな。なので内緒内緒である(笑)

以前さるさる日記で大根ばしらを公開していたけれど、何気に復活だったりして。
長く続けばいいなぁ〜と思っています。
posted by まわた at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ■当ブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。